心に灯をともす人となる

ハンドヒーリング教室

 

優しく手を当てる技術を身につけ
あなたご自身と周りの人の
治る力を開いていきませんか?

 

 

 

自分が心の底から楽しめる事をして、

 

それを喜んでくれる人がいる。

 

 

そんな満たされる毎日が過ごせたら、素敵ですね。

 

 

 

 

 

でもいまは、

次から次にやってくる仕事や雑事を

追われるようにこなすだけの、ただただ慌しい毎日。

 

 

ある程度は自分のために時間を使いたいのに、

それじゃ生活が回らないので、とにかくまわりのために自分が動くしかない。

 

 

何かを変えたくて新しい事を始めようかな・・とも思うのだけど、なかなか身体がついてこない・・・

 

 

ああこれからずーっと、

こんな毎日を送り続けるのかな・・・と、

 

 

もしかしたら

なにをどう変えていいのか分からなくて、

深いため息をつく瞬間があるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで・・

 

あなたは、旅をされたことはありますか?

 

 

何ものからも解放された時間。

 

 

人と話すことを純粋に楽しんだり、

知らなかった世界の扉をひらく時の、ワクワクした気持ち。

 

 

いつもだったら「えー?」とか「イヤだな・・」と思う事でも、

不思議と「やってみようかな。」と思えてしまう。

 

 

 

身体とこころが軽くなれば、

新しいものを受け入れるゆとりができます。

ほんのわずかな時間も、楽しめるようになります。

 

 

 

そんなゆとりある心身の状態に、

 

いま居る場所で

一瞬にして切り替えることが出来る。

 

そのためのスキルが、ハンドヒーリングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調った状態は、

自分でつくり出せます。

 

 

 

人が生まれ持っている「治る力・本来の力」を

穏やかな気持ちで手を当てることによって引き出せるのが、ハンドヒーリングです。

 

私たちの手には誰にでも、気の巡りを調える癒しの力があります。

 

 

一瞬で 

今いる場所をリフレッシュ、癒しの場に切り替えていく。

 

そうやって自らを調えていけるだけではなく、

あなたが調った状態でいる、そのことが自然と周りの方も調えていきます。

 

私たちは忙しさや言葉のかけ方一つですぐに調子を崩してしまう生き物です。

ですがこんなにシンプルに自分で元の状態へ戻していく方法が、あるのです。

 

 

 

 

「手当て講座の”レイキ”」をリニューアル

 

 

 

ここ日本には、

私たちの先人により大正時代に体系化されたハンドヒーリングがあります。

それは、「靈氣(れいき)」という手当て療法です。

 

 

 

 

時代を経た今、「靈氣」は「レイキ(REIKI)」と呼ばれるようになり、

世界中で年齢・性別を問わず多くの方にセルフケアの一つとして学び、活用されています。

 

 

私は10年以上前にこのレイキに出会い、

片頭痛を軽い段階で解消できるようになったほか、

どうでもいい事につい執着してしまう心のクセがとれていき、心身の健康度が格段に上がりました。

 

 

その手軽さと効果に驚き、自分だけではなく家族にも活用し

ちょっとしたケガや不調の際に”家庭の薬箱”としておおいに活用してきました。

 

 

さらに、これは知りたい方がもっと居るはずだと思い、

”家庭で出来るセルフケア”のひとつとして周りの方へお伝えしてきました。

 

 

お伝えした方々には、

「なんか、魔法を手に入れたみたい」だと喜んでいただけ

私も嬉しかったのですが、

 

 

それからさらにいろいろな出会いを経て強く思うようになったのが、

 

たんに健康になることを目的とするのではなく、

健康は当たり前にある状態。そのうえで、本当にやりたいこと、やるべき事に時間を使うお手伝いができないかな。

 

ということでした。

 

 

本来、私たちが目的とすべきは

自分の人生を悔いなく全うすること。

 

ではないでしょうか。

 

 

悔いなく生きるための乗り船である”自分の心身”をいつもケアできるように

この「手当て=ハンドヒーリング」というものを、すべての人が当たり前に出来れば。

 

そうなれば、自身が健やかになるのはもちろんだけれど、

 

その周りの方たちも

知らずしらずのうちに健やかな日々をおくっているような

 

そんな、「周囲に灯をともす人」になっていただけると思い、お伝えしています。

 

 

ハンドヒーリングをする方の健康で穏やかな状態が

自然と周りのご家族などに伝播していき、

ご自分のいる場所がどんどん気持ちのいい空間になっていく。

 

 

ハンドヒーリングを身に付けた方が生み出せることです。

 

 

 
「レイキ」にヘッドヒーリング講習を細かく加えてお教えする
「ハンドヒーリング」をお教えします(半年間)。
  
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

「ハンドヒーリングを受講された方の声」

 

 

 

一生使えるので、宝物を手に入れた気分です。

みんなにすすめたい。

学校で教えてもいいぐらいだと思いました。

遊んでて誰かがケガをした時に、お友達がさっと手を当ててあげる、とか。

 

ケガの治りもよくなるし、仲良く過ごせるでしょう?

こんなことが出来たら、すごくいいですよね。」

 

 

 

「これまで見よう見まねでやっていましたが、

今日はアドバイスを聞きながら出来たのがとてもよかったです。

頭への手当ては気持ちいい。ぜひマスターしたいです」

 

 

 

道具が要らない誰にでも使える禁忌がないという3点がとてもいいです。

 

 

アロマやリンパドレナージュにはいくつか禁忌があって、

使えない方もいらっしゃるのですが、

ハンドヒーリングにはほとんどそれがない。

しかも、他のセラピーと組み合わせられる。

 

 

自分がリラックスしてやりやすいようにアレンジできる

というのも手軽で、とにかく楽だと感じました。

この手軽さが一番嬉しいです。

 

 

 

 

「ハンドヒーリングというものを全く知らずに参加しました。

実際にやってみた感想は、手軽にできそうだし、

家族にしてあげるのに良さそうだなーと思いました。

 

 

寝た姿勢で後頭部にも手を当ててもらいました。

始めのうちは、重くないかなあ?とか気にしていたのですが、

段々ぼわーっとリラックスしてきて、そんな事も忘れて、

 

 

いろんな事がこころを巡ったりしていました。

温かくて、とても気持ちよかったです。」

 

 

 

 

「知り合いにハンドヒーリングをしたら爆睡して好評だったこと、

自分の外傷が早く治癒したことなどでその効果は実感してましたが、

今日手を当ててもらって、温かいなあと。

 

初めていろんなものを受け入れられた気がします」

 

 

 

 

 

 

 

この教室での学び方

 

「”習うだけで使えない方”を輩出しない」のがポリシーです。

 

 

そのために、3つの学びの場を活用しながら

自分自身と周りの

「治る力」を引き出す人として稽古を積んでいきます。

 

 

 

 

学びの3つの場とは?

 

①実践講習の場

②共学の場

③稽古の場

 

です。

 

 

 

①実践講習の場

 

ハンドヒーリングの基本から実践までを、実際にやってみながら学びます。

 

②共学の場

 

講習を受けたらそれで終わり・・ではありません。

むしろ、受けてからがハンドヒーラーとして学びの始まりです。

 

フェイスブックグループなどを使い、

仲間と共に学びのアウトプットをし合いながら

自己治癒力やハンドヒーリングについての幅広い理解と自信を深めていきます。

 

 

③稽古の場

 

練習会で人へ手を当てたり、何かを伝えるという機会を通して

ハンドヒーリングが本当に使えているか?という自分の現在地の確認をします。

 

自分一人だけで練習していると、

 

たとえば知り得たことを「何かを正そうという意識で人に伝えてしまう」とか、あるいは逆に

「どこか自信がなくて、人に伝わらない」といったことが起こりがちです。

 

定期的に練習していけば確実にハンドヒーリングの力は向上しますし、

「いいものが誰かへ自然と伝わる」状態になっていきます。

 

 

 

 

講師 中元礼子

 

 

レイキ、アクセスバーズなど

自己治癒力を高める

ハンドヒーリングのスキルを身につけ、

セルフケアの一つとしてお伝えしている。

セルフケア教室歴6年。

 

 

 

 

 

ハンドヒーリングを出来るようになりたい!

と思ったら・・・

 

 

やり方の基本をお教えする講習会を開いています(ご希望日を伺います)。

(会場は、鹿児島県姶良市の施設を利用することが多いです。)

 

まずはこの講習会に、ご希望日を添えてお申込みください。

 

 

1・講習会でまず、ハンドヒーリングのやり方を学ぶ。

 

 

2・「ハンドヒーリング教室」というフェイスブックグループ内で、

情報を受け取ったり、疑問点の解消をしたりしながら学びを深めていく。

 

 

 

 

3・練習会で稽古を重ね、ハンドヒーラー(灯をともす人)としての手技・人間性を磨いていく。

 

ハンドヒーリングで大切なのは、手を当てる人が調っていることです。

(状態が、手の当て方に滲み出ます。)

 

その、調った状態にいつでも戻れるよう、ハンドヒーリングを通じて心身を調える稽古をしていきます。

 

月に一度、そのためのブラッシュアップ練習会を開いていますのでご活用ください。

(講習会参加特典:半年間(6回)、練習会に無料でご参加頂けます。)

 

 

 

ハンドヒーリング教室(半年間)ご参加料

 

80,000円

 

このご案内をご覧の上、4月29日・30日の2日間お申込みの方限定で

ヘッドヒーリング(60分 10,000円相当)をプレゼントいたします。

 

 

 

ハンドヒーリング教室の開催希望日を連絡する

 

 

あなた様がこのハンドヒーリングで

 

心身のさらなる充実を得て

周りの方と温かな時間を生み出していかれるよう、

サポートいたします。